神戸介護・看護転職求人相談センター

神戸を中心に兵庫で介護職・看護職の転職を支援しています

介護福祉士があると転職に有利か?

転職を考える際に、資格取得を考えるのは悪いことではありません。

初任者研修受講や介護福祉士養成校などに通学していると、資格を持っていなくても事業者に介護の仕事への情熱・本気度を示すことができます。

 

介護職においては、介護福祉士があると転職に有利です。

というのも、介護保険の仕組みでは、資格取得者を何人配置しているかどうかで事業者への収入が多くなることがあります。

有資格者を多く配置していると、介護保険上の加算を取れるため、事業者としては資格者が欲しい。

 

特に介護福祉士は重宝されます。

 

若い方なら資格がなくても就職できるケースが多いですが、ある程度の年齢になっての転職なら資格があるほうが、やはり断然良いと思います。

 

やる気と情熱、人柄が一番なのですが、一度の面接ではなかなかわかりにくい。

資格は客観的に評価できますので、事業者側も納得しやすいものです。