神戸介護・看護転職求人相談センター

神戸を中心に兵庫で介護職・看護職の転職を支援しています

介護の資格はないより、あったほうがいい

介護業界に転職する際に、資格を取ってから転職したほうがよいか、とよく聞かれます。

もちろん、資格は無いよりも、あったほうがいいです。

というのも、同じくらいの力量の方であれば、資格があるほうが選ばれる可能性が高まりますし、全く知識がゼロの方よりも、資格がなくても学校に通っているなどの状況があれば、印象が良くなります。

 

少なくとも、「この方は学ぶ姿勢がある」と思われます。

 

しかし、あくまで同じくらいの力量での話です。

一番は、人柄です。

 

面接時の印象で人柄が優っていれば、資格の有無は余程のことがない限り(人員基準を満たせないなど)、後回しになります。

資格は入職後に勉強して取得してもらえばいい、と考えるものです。