神戸介護・看護転職求人相談センター

神戸を中心に兵庫で介護職・看護職の転職を支援しています

介護職の夜勤体制について

事業者側は、夜勤をしてくれる方を採用したいものです。

正社員なら働き方は事業者任せですが、パートや契約社員などで夜勤なしでの契約も、最近ではよくあります。

 

介護施設は24時間365日営業していますので、夜勤者の確保は欠かせません。

そのため、夜勤ができる職員は、採用する側は重宝します。

 

雇用される側は、夜勤の内容について確認する必要があります。

夜勤時の職員体制、業務内容などです。

夜勤者1人で何人の入居者のケアをするのか、休憩は取れるのか、夜勤明けで残業などが頻繁に発生するのかなど、考え出すと気になる点は多いです。

 

夜間に働くのが苦にならない方なら問題ありませんが、夜間帯は日勤帯より体に負担がかかる傾向があります。

 

長く働き続けるために、初めに確認したほうがよい事項です。