神戸介護・看護師転職求人相談センター(芦屋/明石/三木/加古川/西宮/尼崎)

神戸を中心に兵庫南部で介護職・看護師の転職を支援しています TEL078-647-7103

事業者は労働者の労働時間を把握する義務

おはようございます。

一応、今日がお盆休み最終日の方も多いでしょう。

西日本は大雨の恐れがありますので、当方も事務処理に徹する予定です。

 

少し前のニュースですが、労働安全衛生法の施行規則が改正されて、事業者は労働者の労働時間を把握する義務を明記する方向のようです。

 

法改正して明記しなくても、現状で労使で紛争が起こった場合は労働時間がよく問題になります。きちんと明記することで、労使ともに労働時間に対する意識が変わるかもしれません。

 

介護施設や医療施設においても、たいていはタイムカードがあり、労働時間が管理されています。

しかし、事業所によってはタイムカードの打刻前や打刻後に会議や残業を行っている施設もあり、タイムカード上の打刻と実際の労働時間が乖離していることも・・・。

 

対人援助の仕事ですから何でもきっちりというわけにはいきませんが、やはり事業者の姿勢としては利用者とともに、労働者も守らなければいけません。